FC2ブログ
男が好きな、旨い料理が好き、旅行が好き、 ヒコーキが好き。 そんな小市民的GAYが日々の出来事を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ども。
今日は相方の月命日です。

独り言、繰り言の日記です。






















去年の今頃は、痛みを訴えることが多くなり、
勤め先のクリニックへの送り迎えをオイラに頼むことも多くなりました。

食べることが大好きやった相方やのに、
うどんやお粥さんを夕食にリクエストすることも多くなりました。
 ボクは食べられへんけど、しんのすけはきちんと食べやなアカンで。
しんどいのに、オイラのことを気遣ってくれていました。

夜中にふと目が覚めると、背中から腰の痛みのために、
寝ることもままならない相方の姿がありました。
 ボクはクリニックを休むけど、しんのすけは仕事があるねんから、
 気にせんと寝やなアカンで。

辛いのに、オイラのことを気遣ってくれていました。

緩和治療を終えて病院から家に向かう車の中、
オイラのことを勤め先のクリニックの看護婦さんと間違って、
名前を呼びかけては
 あっ、間違ってたね。ボォ~ッとしてたね。
きっときっと、そんな自分が歯がゆかったやろうなぁ。

この頃から月末まで、どんどんと状況が悪化して言ってたのに、
 しんのすけはきちんと食べやなアカンで。
 しんのすけは仕事があるねんから寝やなアカンで。

その言葉をバカ正直に受け取って、ただ送り迎えだけしかせぇへんかったオイラ。

どんな言葉をかけたらえぇの分からへんから、
だんだんと会話が少なくなっていってもうて・・・

痛みの緩和に使う麻薬の量が増えていくにつれて、
相方の言葉が無くなっていってもうて・・・

ふと、相方を見たら手術時の縫合練習のような
手の動きが多くなってたなぁ。



そんなこんなを、妙に鮮明に思い出しているオイラです。
どうせ思い出すんやったら、楽しいことを思い出したいのにね。



【2009/06/10 23:12】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
pooh@BKK
相方さんは、しんのすけさんがそばに居てくれただけでも、うれしかったと思いますよ。
それだけでも、落ち着くもんです。
自分なんて、そばに居ることすら
出来なかったですし。
自分もそうですが、楽しい思い出って、なかなか出てこないですよね。ふと思い出すと、後悔の念ばかり・・・何ででしょうね。


No title
しんのすけ→poohさん
コメント、ありがとうございます。
そうなんです。なんでか楽しい思い出って出てけぇへんのですよねぇ。
あぁしたらよかった。
なんにもしてあげられへんかった。
などなど、
後悔の念ばっかりです。オイラも。

けど、それでも忘れていってしまうよりはえぇのかなぁ。とも思ってしまってます。

コメントを閉じる▲
ども。
実は夕べは、突然に悪寒を感じたのでさっさとベッドに潜り込んだオイラです。

でね、
やっと、
ついに、
とうとう、
念願だったことが実現したんですよ。

それは。
相方が夢に出てきてくれたんです。

実はオイラ、相方が亡くなって半年も経つというのに、
今まで全然相方の夢を見ることがなかったんです。

相方のことを共通の友人と語り合っていると、
どうも友達の処には、ちょくちょくお邪魔してるらしいんですよ。
うちの相方は。
その話を聞くたびに、

 夢にも出てけぇへんって、オイラの相方に対する気持ちって、
 そんなに薄いもんやったんやろか
 なんで、なんで、オイラの処には来てくれへんのやろ?


って、ちょっと落ち込んでたんです。

それが、
やっと、
ついに、
とうとう、
夕べ、オイラの夢に登場してくれました。

夢の中の相方は、ちょっと長い留守から戻ってきて、
風邪気味のオイラに、いつものように気遣ってくれて、
こんなことを言うてました

 それやったら、あの薬と、この薬を飲んどき。
 あれ?もう無かった?
 ほな、又クリニックで貰うてくるから今日はゆっくりと寝とき。


そして…

 あっ、クリニックにはもう行かれへんかってんなぁ・・・

で、オイラが
 
 えっ?なんで?

と、問いかけたとたん、
それが夢やと夢の中で気づいた
オイラでした。

切ないって言うたら切ない、内容の夢ですが、
それでも、夢の中で相方と再会できたことが
とっても嬉しかったオイラでした。


【2009/01/15 21:02】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

No title
sawa
そうですか。
夢の中で再会できたんですね、相方さんと。
良かったですね。
今回が初めてとのことですが、それとは関係なくずっとずっと、
相方さんはしんのすけさんと一緒だったんですよ。



No title
しんのすけ→sawaさん
ハイ。ようやく会うことが出来ました。
やっと、夢に出てきてくれたことをとにかく感謝してます。
次には、もっともっと楽しい夢に出てきてくれることを
期待してるんですけど。笑

コメントを閉じる▲


ども。
急に寒くなりました。
日が陰ると、ぐっと寒さが身に染みます。

今日は相方が逝ってから四ヶ月目の日です。
友だちと居てると、心の底から笑っています。
職場に居てると、日々の業務に追われています。

沖縄にも行きました。
東京にも行きます。
楽しいことがいっぱいです。

それなのに日がとっぷりと暮れた道を
独りで、誰も待つ人のいない家に向かっていると、
寂しさや虚しさが突然こみ上げてきます。
恥ずかしいことですが、涙が流れてきます。

10月20日は、オイラ達が出会った記念の日。
二人で居てるときには、お互いの性格からか、
“記念日”的な事は一切したことがありませんでした。
それでも、二人で居てる日常が、
ずっと続くものだと思いこんでいました。
そんな事を12年続けてきました。

だけど13年目はもう、無いんですね。

独りになって、まだたったの四ヶ月。
二人で居たことは限りのある、時間になってしまったのに、
独りの時間はこれから無限に続くんですね。
これから、こんな気持ちが無限に続くかと思うと、
正直、しんどいです。

でも、大丈夫です。
友だちと居てると、心の底から笑っています。
職場に居てると、日々の業務に追われています。

あきませんね、
何度も同じ事を思ってるだけやなんて。
先月も、こんな事を書いてました。
あきませんね。

【2008/11/10 21:04】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

Re: 何度も思ってしまいます。
NAO
寂しくて虚しくて、当然だと思います。
まだ4ヶ月しか経ってないんだもん。無理して平気を装うより、自分の感情に素直でいるのがいいんです。
涙が出る時は泣いてもよし。笑う時は笑ってよし。:)
感じるって行きてる証拠です。相方さんの分まで感じてください。:) みんなしんのすけ様の周りにいますよ~。:)

Re: 何度も思ってしまいます。
しんのすけ→NAOさん
いつもいつも、ありがとうございます。<(_ _)>
自分の気持ちを持て余している感じもあるんですけど、
ここで、こうして書いてることで、少しでも自分のことを見つめることが
出来るような気がしています。
NAOさん始め、皆さんに出会えたことに本当に感謝です。


何度も思っていいと思いますよ
台吉
PLUS ONEが「カオ上げて」で
「そのままでいいんだよ 新しい日々が来れば
きっと 輝き始める それを 君が信じて」
と歌っていますよ
ゆっくりでも一日一日を進んで行けば
きっと暖かい風が吹いてきますよ

どちらも真実なのだから…。
心太
ご無沙汰しております…。

>正直、しんどいです。
>でも、大丈夫です。
お二人で過ごして来られた日々と
生きているしんのすけさんの日々。
そのどちらに対してもしんのすけさんの
真実の思いが吐露してるのですから…。
気持ちのおもむくままに過ごしてネ♪

Re: 何度も思ってしまいます。
しんのすけ→台吉さん
コメント、ありがとうございます。
そうですね、どんな風に過ごしても確実に時は経ってゆくものですよね。
行きつ戻りつ、時には迷路に嵌り込むかもしれないけれど、
とにかくゆっくりと進んでいくことにします。
いつも、お心遣いを頂いてありがとうございます。

Re: 何度も思ってしまいます。
しんのすけ→心太さん
コメント、ありがとうございます。
心太さんこそ、大変な思いをしていらっしゃるだろうに、
温かい言葉をありがとうございます。
あまりの自分の気持ちの揺れ動きを持て余してしまうこともありますが、
そんなことも引っくるめて、それが今の自分なんですもんね。
心太さんも、どうぞご自愛下さい。

Re: 何度も思ってしまいます。
べべじ
そうそう、みなさんも言ってるように素直な感情に身を任せるのがいいと思うな。1人でいることが悲しいのに悲しくない振りをする必要はないし、友達といて楽しいのに楽しくない振りをする必要もないもんね。
生きて行かなくちゃいけない俺達は生活し続けるってことに対してはがんばり続けなくちゃいけないんだろうけど、自分の感情や想いをがんばって偽ることはないって。

Re: 何度も思ってしまいます。
kila
悲しいときにはその感情をぶつけるのが良いでしょう。
笑うときには、思いっきり辛い気持ちを吹き飛ばしたら良いでしょう。

気づけば、辛いことと懐かしい思い出が混在し、
さらにその先には、懐かしい思い出と、落ち着く時間が混在し、
そして、一生懸命に前向きに生き抜こうって気持ちになれるんぢゃないでしょうか。。。

なんか偉そうでスミマセン。

焦らずにゆっくり行きましょうヨ!

少しだけでもお役に立てたら・・・と素直に思います。

Re: 何度も思ってしまいます。
しんのすけ→べべじさん
温かい、お心遣いを頂いたのに、お返事が遅くなって本当に申し訳ありません<m(__)m>
>自分の感情や想いをがんばって偽ることはないって。

ありがとうございます。
色々な感情や想いが自分でも戸惑うぐらいに
次々にわき起こってくることに、
或る意味で、呆然としてしまっていたのですが、
そんなことを繰り返し、繰り返し、次第に落ち着いていくんでしょうね。



Re: 何度も思ってしまいます。
しんのすけ→kilaさん
kilaさん、遅い返信で申し訳ありません。<m(__)m>

懐かしい思い出になるには、まだまだ色々な感情の起伏を
過ごしていかないとダメなんでしょうね。
もしかしたら、一緒に過ごした時間と同じほどの時間が
必要なのかもしれませんね。
そうですよね、焦ることはありませんよね。

焦らず、無理せず、落ち着いて懐かしめる時間が来ることを信じていきます。
本当にありがとうございます。

コメントを閉じる▲
ども。
晩ご飯は外食。
駅前の中華料理屋さんで八宝菜定食に餃子、生ビールを頂いてきました。
一人やと、晩ご飯って作らへんもんです。オイラは。
あっ、相方が居ったときも何かと理由を付けては相方に作ってもろうてたなぁ。
だって、ウデが全然ちゃうねんもん。

今日は、相方の月命日。
あれからもう三ヶ月です。
と、言うわけで、今書いた日記を読み返してみたら、
かなりダークサイトに突入しています。
気分を害される可能性がいつもの日記の200%増しぐらい。
せやから、ここで引き返していただく方が、良いかも・・・
























三ヶ月って言うたら、最近のドラマは最終回を迎えてますよねぇ。
新しい恋の始まり?
カレを思いながら強く生きていくきっかけを掴む?
それともカレの後を追う?

オイラ、まだまだそんな最終回を迎えられそうにありません。

四六時中カレのことを思って、食事も喉を通れへん。
何て事はないんです。
それどころか、うっかりしてたら、カレの月命日はおろか、
カレの顔さえも記憶の中で薄れていってしまっているような、
そんな感じすらしてしまうほどの、薄情もんのようです。オイラは。

でも、やっぱり何かが違うんですね。
相方が居ったときと比べて。

なんて言うたらえぇのか…
自分でも呆れるぐらいのえぇ加減さになっていってるような感じです。
もちろん、以前からかなりのえぇ加減なヤツやったんですけど。
今は、えぇ加減にも程がある!!っていうような感じでしょうか。

仕事はサボる。
正直に言います。
今週、月曜から今日までフルにサボってしまいました。
どうしても出勤できひんかったんです。

で、家に閉じこもっていたか?と言うと…
そんな事もなく、あちこちとお出かけしてきました。
月曜日はそれでも以前から処方してもらっている、薬を貰うために、
かかりつけのお医者さんの処へは行ってきたので、
完全なズル休みではないけど、
敢えて月曜日に行く段階で、計画的なズル休みと言えるかな。

それ以外はパスポートの受け取り、買い物、映画鑑賞。
でも、全然開放感はないんですよね。
罪悪感を少々。ほんの少々感じるだけ。
それ以外はなぁんも感じひんのです。

すっかり不感症になってしまったようです。

オマケに、ここ暫くの買い物の多さ。
相方が居ったときには、
 又、そんなん買おうとして。
 要らん、要らん。
 無駄遣いは止めとき

なんて、ストップがかかったのですが、
今はそんな重しもなく、
 欲しいなぁ。
 買うとこ

と、なってしまってます。

それで、買い物直前、買うことを決意するまではそれなりに楽しいのですが、
でも、その楽しさなんかほんの一過性のもの。
すぐに次の対象に関心が移ってしまってます。

不感症の上に、浮気性になってもうたみたいです。

因みにここ最近のお買い上げリスト
 iPod-nano
 スニーカー
 ネルシャツ×3
 チノパン
 デジカメ
 原付バイク

なかなかの散財ぶりですよねぇ。
まだこれに加えて、
 ノートPC
 電動アシスト付自転車
 電子辞書

をリストに挙げてるぐらいです。

これってもしかしたら、買い物依存症になってるんかも

なんか、
何をやっても、何を買うても、
何かが足らへんのです。

足りひんモンは何か、
それは分かりすぎるぐらいに分かってます。
相方以外の何もんでありません。

普段は、相方のことを思い出すことも殆どないんです。
そんな薄情もんのくせに、
やっぱり心の中が空虚になったもうてて
それは元々は相方が居った場所なんですよね。

寂しい、哀しいって毎日泣きくれてるわけではないんです。
日常の生活をそれなりに送ってるんです。
それでもやっぱり、相方が居れへんようになった部分を
どう処理してえぇんか分からへんのです。

相方を偲ぶものが殆ど残されてへんことに気がついたのに、
それやのに、相方との思い出がある車を手放してみたり。
自分が何をやってるんか、よぉ分からへんのです。

なんか、自分があっちへフラフラ、こっちへフラフラ
どこと言うことなく漂っていて、それも悪い方へ悪い方へ。
きっと、相方って言う重しが外れてもうて、
本来のえぇ加減な自分が顔を覗かせてるんでしょうね。

そんな自分が、イヤではないけど、不気味ではあります。
一体このまま、どこを彷徨い続けるんやろう
そんな不安があります。

あぁ、こんなことを言うてたら、相方には思いっきり愛想を尽かされたやろなぁ。
きっと、周りに居てくれるみんなからも愛想を尽かされてまうねんやろなぁ。

ごめんなさい。
どうも、たった一杯の生ビールで暗い酒の廻りになってまいました。



う~ん
どうもオイラの場合、三ヶ月1クールのドラマでは足らん様です。

せめて、こんな感じの心模様になってくれたらえぇのになぁ
GRL_0000.jpg





【2008/10/10 21:20】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

(T-T)
広樹
相方さんの影響“大”ですね。
時間が解決するとしか言えませんが。
無理に自分を変えないで、自然に任せていたらいいと思います。
でも買い物し過ぎだよ!
原付バイクとアシスト自転車は、どっちかでよかったんちゃう?

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


No title
しんのすけ→広樹さん
広樹さん、
いつもありがとうございます。
自然に任せるしかない、成り行きに任せるしかない。
そうですよねぇ。

気持ちの浮き沈みの幅が、相方の居ったときに比べて
むちゃくちゃ大きくなっているのが自分でも分かるのですが、
それも仕方のないことかなぁと、言い訳をしています。

ただ、このままに任せてたら、とんでも無いことしでかしそうな、
そんな不安みたいなものを感じるときもあるんです。

まぁ、そんな事も含めて、一日一日を確実に過ごしていくしか
有りませんよね。

ホンマに、温かいコメントをありがとうございました。


No title
しんのすけ→秘密さん
お二人のコメント、心に染みました。
ありがとうございました <(_ _)>

コメントを閉じる▲
ども。
とうとうバンコクの滞在も最終日を迎えました。
今はスワンナプーム空港のシンガポール航空(SQ)のラウンジです。
今朝はとっても爽やかな天気で、
 こんなえぇ天気やのに帰らなアカンのかぁ
と、少々悔しい思いをしてたのですが、今、窓の外は雨模様になってきました。
ちょっと早めに空港について良かった。
これも日頃の行いのおかげやね。(って、しつこい?)

さて、オイラがこうしてバンコクにやってきた理由の一つに、
先日亡くなった相方のご家族の願いもあってのことなんです。

オイラの相方は、“物静かな頑固者”と友人や知人のみんなから評されるような人物で、
何かを声高に主張するようなことはないのですが、
それでも自分の信念はしっかりと実践するタイプの人でした。
そんなカレは、結構、徹底した無神論者でもあり、
ご家族も生前のカレの言動からその意向をしっかりと受け止めていらっしゃったようです。

そんなカレの葬儀は、宗教色を一切廃したとてもシンプルなものになったのですが、
その場でご家族からこのようなお話がありました。

 本人の思い出の土地各地で、散骨をしてもらえたら、きっと本人も本望だろう。
 もし可能ならば、その散骨を実現してもらえないだろうか

 特に本人が最後に行く予定にしていた、そして、最後まで行きたがっていた、
 バンコクで散骨をしてやって欲しい。


そんな、ご家族、或いは本人の願いを実現するために
バンコク在住の友達(相方とオイラ共通の友達)が一肌脱いでくれ、
オイラも参加できるように日程の調整を行ってくれた次第です。

とは言うても、散骨ってそんなに簡単にできるものではないし、
国や地域、民族や宗教観でそれぞれの決まりがありますよね。
残念ながら、オイラ単独ではタイの事情を知る術もなかったので、
友達の存在はとても心強いものでした。

彼らのおかげで、一般のタイの人たちが行っている、謂わば水葬
(荼毘に付したお骨を流す意味での水葬です。
決して遺体そのものを流すわけではありません)
の風習に従って無事に執り行うことができました。
0808BKK55_convert_20080812002634.jpg

0808BKK56_convert_20080812002754.jpg

0808BKK58_convert_20080812002840.jpg

0808BKK69_convert_20080812002929.jpg

0808BKK73_convert_20080812003133.jpg


船に乗って河口近くまで移動し、川の神様、その他の神様へのお祈りを捧げた後で
お骨を入れた壺をお供えの花やその他の供物と一緒に流し、無事に終了。


きっと、無神論者だったカレもこの水葬は、
一つのイベントとして楽しんでもらえたように思います。

そして今日でちょうど一ヶ月。
今回のバンコクへの旅で、オイラの気持ちの中に、
少し、ほんの少し、区切りらしきものができてきたように思います。


【2008/08/10 19:57】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

無理せずに
sawa
今晩は。
バンコクはそんなに大切な用件だったんですね。
しんのすけさん、余計なお世話かもしれませんが、
絶対に無理矢理に区切りをつける必要は無いと思いますよ。
もちろん、しんのすけさんの心中で徐々に整理がついて行くとは思います。
きっと、今度のバンコクへの旅がそのきっかけになっていると思います。
でも、もし、もしも、どこか心の中で意図的に区切りをつけようとしてるのなら、
まだまだそんな時期ではないと思いますよ。
悩むことも苦しいと思います。何かを思い出しては辛い気持ちになるかもしれません。
きっと、そんなことの繰り返しが否応なく続くと思います。
そんなときは、絶対に我慢せずに、吐き出してくださいね。
「きっとそうなんだろうな」と思いながら、しんのすけさんのブログを読んでる
ヤツが居てることを忘れないで。
ごめんなさい。
しんのすけさんの心の中を何も分かってないのに、勝手なことを言ってしまいました。

No title
NAO
しんのすけ様

無事に水葬が行えてよかったです。相方さんもお喜びでしょう、大好きなタイの地に戻ることができて。
いつタイに行っても、大切な人はいると思うと、寂しさも少しは和らぐかな? 
でも、sawaさん同様、苦しかったり悲しかったりしたら、ちゃんと吐き出してくださいね。みんな、しんのすけ様の側にいますからね。:)

無事に日本に戻って来てください。

区切り?
広樹
sawaさんの言ってるとおり、区切りなんてつけなくていいんじゃない?
多分ついたようで、つかないものだと思う。
自然に、流れにまかせて。
自分の人生だから無理する事も無いし、なるようにしかならないよ。
今までのしんのすけさんのままでいいんだよ。

そうだったんですね
HEROBKK
そんなこととは知らず・・
僕みたいな不真面目な人と今回は会わなくて正解でした。 心に余裕が出来てふっきりがついたら是非僕をたずねてください。

No title
しんのすけ→sawaさん
sawaさん、ホンマに、ホンマにありがとうございます。
今回の散骨を終えて、何かこう、相方が自分の手元から
離れていったような気がしてなりませんでした。
実際に船からお骨を流したときに、『あぁ、行ってもうたんやなぁ』と思ったんです。
確かにまだまだ気持ち的には不安定になっています。
散骨の翌々日に友だちとご飯を食べているときに、
ついつい感情的な話しぶりになってしまい、自分を抑えることが出来ないこともありました。
そんな、しんどさも含めて、幾度かの揺れや揺れ戻しを経て、徐々に落ち着いていくものなんですね。きっと。
sawaさんのコメントを見て、『そんな自分でもえぇんや』と思えました。
ありがとうございました。

No title
しんのすけ→NAOさん
そうですね、NAOさんが言ってくれたように、
これで益々バンコクがオイラにとって大切で特別な場所になったように思います。
これからもブログに認めることで、その時その時の自分の気持ちを吐き出していきます。
覚悟して下さいよ 笑

No title
しんのすけ→広樹さん
確かに。
区切りを付けるなんて事はどだい無理なことですよね。
いつかは区切りが付くかもしれないけど、自分で意識して付けられるものではありませんもんね。
流石に、いろんな感情がいっぺんに一緒くたになってくる。って事はなくなってきましたが、
それでも何かの節に突然、涙が出てくることもあります。
そんな気持ちの揺れをそのまま受け止めるしかないですよね。
広樹さんも様々な思いをお持ちなのに、このようにコメントいただいて、感謝しています。

No title
しんのすけ→HEROさん
あっ、ごめんなさい。
何か要らない心配をさせてしまったようで・・・。
次回のバンコク行きの時には、必ずご連絡します。
その時には、思いっきり弾けられることを、祈っています。
何しろ、HEROさんともしかしたら、ご一緒できるかもしれないんですもんね。 笑
コメント、ありがとうございました。<(_ _)>


マミオ@昼休み
おかえりちゃん。(^-^)
あまり、おかえりって感じもしないけど。笑

コメしようと思って他の方のコメントを読ませてもらったら私が泣いてもた。笑

彼のことはいつまでも忘れないよね。ただ悲しい感情だけは、少しずつでいいから薄れていきますように。ネ!

No title
しんのすけ→マミオっち
ただいま 笑
うん。皆さんのコメントを読むと自然に涙がじわ~っとこぼれてくるんよ。毎回、毎回。
マミオっちもありがとうね。
気に掛けて貰って。

コメントを閉じる▲
ども。
本日のバンコクは薄曇り。風もあって、それ程の暑さは感じません。
もしかしたら、大阪の方がずっと暑いのかも。

さて、今回のバンコクはなんと、実質的な滞在が9日間!
とは言うても、特に何をするでもなく、
相方との思い出の場所をウロウロする他は読書なんぞに明け暮れてます。

前半の4日間は相方共々大好きなホテルでのんびり。
その後はサービスアパートメントへと宿を代えて、
ちょっとした、バンコク在住者気取りを楽しんでいるのですが、
どちらもとても居心地のいい場所です。

ホテルの方は顔見知りのスタッフと他愛のない話をして、
一人旅の寂しさを紛らわせてもらったりしていたのですが、
特に良くオイラたちのことを覚えてくれているスタッフ、数人からは

 しんのすけさん、久しぶりです。今回は一人ですか?
 ○○さん(相方のこと)は来られてないのですか?

↑(不思議と、文章表記もオイラのたどたどしい英語に
 合わせた感じになってますなぁ 笑)

一瞬悩んだのですが、正直に相方の死を伝えると、
みんなが一様に驚き(当然ですよねぇ)、お悔やみの言葉をかけてくれた後は、
いつも以上に、オイラのへたくそな英語に辛抱強く付き合ってくれる事で、
慰めてくれたように感じます。

また、オイラたち二人がお気に入りだった、食べ物をこちらがオーダーする前に
 いつものアレを食べるでしょ?
と用意してくれる心遣いも、相方との思い出を懐かしむ、いい手助けになりました。

その、アレとはこちらです↓
IMG_0002_20080805210412.jpg
フレッシュなマンゴー。
相方はホンマにこのマンゴーが大好きで、席に着くとコーヒーや
紅茶のオーダーよりも先に、これをお願いしていました。
この時期は旬を過ぎてしまっているので、ちょっと酸味が出てきていますが、
その甘酸っぱい感じもまた良いものです。

そしてこれ↓
IMG_0003_20080805210434.jpg
米の粉から作る麺。
平たい、きしめんみたいな感じで、センヤイ?センレック?
って言われる麺だと思います。
う~ん、どっちやったかなぁ?
またまた、語学ベタなオイラの真骨頂発揮ですなぁ。
今回は、シーフードのトッピングをアレンジしてもらいました。
相方、この米粉の麺が大好きで、例の香港の牛バラ麺屋さんでも、
オーダーはいつもフォーやったなぁ。

これ↓はオイラの大好物
IMG_0011.jpg
タイ風のオムレツ。カイチアオ?
ちょっと多めの油で、炒め揚げみたいな感じで調理してる、卵料理です。
野菜やミンチが入っていて、チリソースとの相性もバッチリ。
相方も気に入ってました。

朝食の後は、これまた二人が大好きやったプールサイドへ。
IMG_0015_20080805210245.jpg
実は相方、元々はプールサイドでのんびり。
なんて事は大の苦手やったそうなんですが、
オイラに付き合わされてるうちに次第にその良さに目覚めたようで、
二人して、昼過ぎまでここで読書をしながら過ごすのが、
バンコク滞在中の日課になっていました。

相方曰く、
 チャオプラヤーを行き来する水上バスの着岸を知らせる、
 笛の音と風が何とも言えずにのんびりさせてくれるんや。


今回もそんな日課のままに過ごしてきました。
ただ、いつもは横に嵩の高い相方のカラダがあったのに、
今回は余裕がありまくりのデッキベッドがちょっと寂しかったですが。

オイラがこのホテルのことがスゴく好きな理由、
それは、やっぱり相方と二人で、いつも居心地良く過ごせたからなんですね。
オイラにとって、バンコクでの一番の思い出の場所になっています。


【2008/08/06 17:49】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |
ども。
天神さんも終わり、夏真っ盛りの大阪です。
毎年7月25日に行われる、天神祭の本宮の時の奉納花火大会。
天神さん花火1

天神さん花火2

天神さん花火3

天神さん花火4

相方は人混みが大嫌いで、うちの近くやのに、
打ち上げ会場の大川縁の桜之宮公園まで出かけることは一度もありませんでした。
その代わり、うちのバルコニーからの見物。
今の部屋を決めたのも、年に一度の花火が間近に見れるから。

そんな相方が好きやった景色を、自分たちも味わってみたい。と
今年は初めて相方のご両親がお越しになりました。

相方の告別式からちょうど二週間。
ご両親もこのイベントで、さっさと逝ってしまった息子への想いの、
区切りにされたみたいです。
オイラにとっても、それまでお預かりしていた、お骨も無事にご両親に引き渡し、
大きな区切りとなりました。

今年の花火、
相方を偲ぶために友だちも集まってくれ、賑やかに過ごしましたが、
終わってみると、いつも以上の寂しさが・・・

でね、こんな気分の時って、何でか泣ける映画を観たくなりませんか?
とは、言うものの、オイラの泣きのスイッチは、ちょっと緩いのか、
皆さんにとっては、なんで?
と思えるような作品で泣けてしまうんです。
(そう、あの、『涙そうそう』で泣いてしまえます)

この週末にオイラのスイッチを入れてくれたのは、
『時をかける少女』(監督:細田 守のアニメ版)
時をかける少女 通常版時をかける少女 通常版
(2007/04/20)
仲里依紗石田卓也

商品詳細を見る

これはTVで放映されたものを録画して観たのですが、
切ない初恋ストーリー(うわぁ、陳腐な表現)に思わず涙が・・・
けど、オイラ、このストーリー、好きなんですよね。
もちろん、こちら↓の原田知世主演版も。
時をかける少女時をかける少女
(2006/10/20)
原田知世

商品詳細を見る


そして、泣く、泣かせるといえば、やっぱり韓国映画。
ついついAmazonで手にしたまま、お蔵入りしていた映画を観てしまいました。
『私の頭の中の消しゴム』

私の頭の中の消しゴム私の頭の中の消しゴム
(2006/03/10)
チョン・ウソンイ・ジェハン

商品詳細を見る


こちらは、泣く気満々でハンカチやティッシュまで用意してのDVD鑑賞。
確かに泣けました。
でも、まだ泣き足りない。
もっと、もっと、泣かせて!

そこで、もう一本
『イルマーレ』

イルマーレイルマーレ
(2002/01/21)
チョン・ジヒョン

商品詳細を見る


ハリウッドで、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックの共演でリメイクされていますが、
今回は、本家の韓国版を。
ストーリー展開は、先読みの出来ないオイラでも読めてしまうのですが、
それでも、泣かせてくれました。

泣くって、意外とスッキリさせてくれるんですよね。
ほんの少し、ほんの少しだけ、スッキリ出来たような気がします。

でも、相方は、こんなタイプの韓国映画がお好みやなかったんです。
それで、我が家では、オイラが買ったもののお蔵入りしてたんですが・・・
きっと、相方は「えっ?そんなんを観るの?」とあきれ顔やったと思います。

(再び)でもね、泣きたい時ってあるの。


【2008/07/27 17:03】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

No title
sawa
ご無沙汰しています。
この度は…なんと言って良いのか…
久しぶりに、お伺いして、事の重大さに驚いています。
しんのすけさんに長年ご一緒されていて相方さんが
いらっしゃってた事も驚きでしたが。
でも、香港での同行者という方が、きっとその相方さんだったんでしょうね。
いつも楽しそうに、食べ歩いてらっしゃた様子がブログを通じて伝わってきていました。
そんな大切な相方さんを失われて、泣きたい気持ちになるのは当然ですよ。
そんなときは、誰にも遠慮することなく思いっきり涙を流して下さい。

No title
しんのすけ→sawaさん
温かい言葉をありがとうございます。
週末は涙をいっぱい流して、意外にもスッキリとした感じを味わうことが出来ました。
まだまだ、心模様が安定しているわけではありませんが、その都度その都度、
ありのままの心模様を受け止めるしかないなぁ。と思っています。
楽しいことを考えてはワクワクし、ふと、何とも言えない寂しさを感じては、ホロッとし、
そんな事を繰り返しながら、だんだんと心模様も落ち着いていくのかなぁと。
けど、オイラは大丈夫です。自分でも思った以上に太々しいみたいです。笑

ボクも緩々です
台吉
『涙そうそう』は映画館でも
テレビ放送でもボロ泣きでしたよ
『時をかける少女』の放送前日に
深夜に放送された『時空の旅人』でも
原作を読んだ時もテレビ放送を見ても
思いっきり泣いてしまいました(汗

No title
しんのすけ→台吉さん
緩々って・・・
思わずえっ?って思ってしまいました。
と、冗談はさておき、オイラもホンマに涙腺が緩いんです。
『時をかける少女』は今回のアニメ版も、原田知世版も、
その切ない初恋にウルウルしてしまいました。
涙には絶対に、人の心を“落ち着かせる”何らかの力がありますよね。

コメントを閉じる▲
ども。
相方が居れへん現実が、少しずつ日常になってきています。
寂しいとか、悲しいとかを感じることはまだまだあるけれど、
それでも、少しずつ、その生活に慣れてきています。

その慣れのために、相方の記憶が薄れていくのが怖いんです。
そんなに簡単に薄れるはずはないのやろうけど、
それでも、もう新しい記憶を塗り重ねることは、
絶対に出来ひんわけですから。

相方とのあれこれを記憶にとどめるために、
この日記に記していかせて下さい。



さて、そんな生活の友はTV。
二人で居たときには、それほどTVに熱中してへんかったんですけど、
やっぱり、寂しいのか見るともなしにTVを流しっぱなしにしています。
で、昨日、CSでやってたのが、【理想の結婚】の一挙放送。
竹野内くんと、常盤貴子ちゃんが理想の結婚像を追い求める、
ドタバタコメディーでした。

これね、1997年1月~3月の放送やったそうです。
そう言うたら、オイラも相方も竹野内くんが大好きで、
で、ちょっと頼りない感じの、声もきっと地声の少々高い声の方がえぇよね
竹野内くんのウリの、渋さよりもちょっとずれたところが実際のキャラっぽくて、好き。
という点でも一致してました。
せやから、二人して、このコメディーの竹野内くんには、熱中していました。

 そっかぁ、1997年のドラマは一緒に見てたんやなぁ。

オイラと相方
出逢ったのは第41回総選挙の日、1996年10月20日でした。
とは言いながら、具体的な日にちはすっかり忘れてたんですよね。
ただ、総選挙の日だったことだけはしっかりと覚えてます。
で、ネットで確認した結果がこの日にち。

 そっかぁ、足かけ12年やってんねぇ。

けど、あっと言う間やったような気がします。

そうそう、オイラは実は一回振られてるんよね。相方に。
この1996年の年末に。

 しんどい
 付き合いは止めよ。別れよ


そう言われて、オイラは大ショック。
たったの2ヶ月ぐらいで振られてもうたわけですから。
何が、どう、しんどいのかも分からへんけど、
その場では、すがりつくことも出来ず、
それを受け入れるしかありませんでした。

でも振られた事を受け止めつつも、納得できず・・・

それまでのオイラやったら、そのまま諦めてしもうてたんやけど、
なんでか、このときのオイラは、やっぱり諦めきれず…

二人ともが好きやった、奈良、興福寺の阿修羅さんに泣きついてしまいました。
阿修羅さんの前で、もう一回自分の相方への気持ちを振り返って、
やっぱり、このまま終わってしまうのは辛い。
やり直しが出来ひんかっても、何らかの繋がりを欲しい。
などと、うだうだ考えてしまってました。

奈良0005

奈良0001


そこで、我慢しきれずに、勇気を振り絞って電話。
正直に声を聞きたかっただけなんですが、
この捨て身の作戦が功を奏したのか、
それとも相方の気持ちを変える何かがあったのか、
阿修羅さんのおかげか
結局は元の鞘に。

これは未だに謎なんですよね。
何が原因でオイラとのことがしんどかったんか、
何が原因で元の鞘に収めようとしたんか、
謎やけど、よぉ聞けへんまま。
この辺が、オイラのヘタレのへたれたる由縁です。

その後は何事もなく、こんな出来事もまるで無かったかのような生活でした。
で、気がついたら足かけ12年。

そんなオイラたちでした。

オイラ、やっぱり相方のことを分からないままやったような。
謎の多い相方です。

【2008/07/20 09:50】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

すごいなぁ
広樹
俺も若い頃、付き合ってた人に「重い…」って言われて(体重じゃないよ!今より20kg位痩せてたから)別れたんだけど、諦めきれず1年後電話したんだ。結果は×。元鞘のしんのすけさんが羨ましいです。

No title
しんのすけ→広樹さん
「重い」とか「しんどい」とかって、具体性がないだけに強力な決め台詞ですよねぇ (T_T)
なんで振られたのか
なんで元鞘成功したのか
未だにサッパリ分からへんのですよねぇ

歴史に触れること
kila
もうじき10周年を迎えるkila+toroです。

歴史に疎いkilaを連れて、toroさんは毎週のようにお寺や神社に連れて行ってくれました。

今でも大昔の日本に触れたり、西洋の絵画に触れることがあります。

そんなこんな、2人の歴史に向き合ってみるのも良いかな、って思います(^_^.)


観音様の微笑みに和まされたり、仏様の静かな顔立ちに癒されたりして、心が澄み渡る瞬間を大切にしていると、自然と吸い寄せるものがあるのかも知れませんね。

No title
しんのすけ→kilaさん
おぉ、kilaさん達も10周年をお迎えですか?
素敵な記念日になることをお祈りします。
オイラたちは二人とも、仏さんにお会いしに行ったり、
美術館やギャラリー巡りが好きという点で、一致していました。
とは言っても、美術については相方の方が断然詳しかったですが。笑
オイラは特に奈良のお寺さんにいらっしゃる、仏さんが好きで、
何か事あるごとにお顔を拝見しに行ってました。
そうだ、今週末ぐらいに、奈良へ行ってみよう。
けど、暑いやろなぁ 笑

コメントを閉じる▲
先日のオイラの日記に対して、皆さんの親身なコメント、
ホンマにありがとうございました。
嬉しくて、嬉しくて、なんてお礼を言って良いか分かりません。

あんな、意味の分からない内容に対して、本当にいろいろとご心配をいただいて、
ごめんなさい、そして、ありがとうございます。

今回の出来事について、
オイラ、、皆さんに謝らなあかん事が山ほど有ります。

ブログって、リアルな友だちには言い切れない事どもを
あれこれと綴るもんかなと。

けど、オイラ、肝心なことを隠しながらブログを綴ってました。

実は、かれこれ10年以上もオイラにとって特別な存在やった人がいたんですよ。
で、5年?ううん?もっと長い間、7年ぐらいになるかなぁ
一緒に住んでました。

すっかりセックスレスな関係にはなってたけど。
元カレとか今カレとかとも言い難いけど
その分、ホンマにこの人が、自分の身内、家族なんやなぁ。
って、まるで、空気のような存在として居てくれたわけです。

その相方が、
先日、息を引き取ってしまいました。

去年の春に、腹部に違和感を感じるって言って、
受けた検査の結果が、末期の大腸ガン。
そのときに、5年生存率は多くて25%って言われたけど、
摘出手術も成功、その後の化学療法(抗ガン剤治療)の効果か、
経過観察の検査結果も、腫瘍マーカーの増加もそれほどではなく、
何より本人が、それまでと同様に、いや、それ以上に食べたり、旅行したりで、
化学療法を受けてるとき以外は、スゴく元気そうやったんです。

これやったら、この化学療法のしんどさはあっても、
それが日常化して、その日常がずっと続くんやろなぁ。
5年のうちには、もっともっと効果的な治療方法も見つかるやろうし。
って漠然とお気楽に考えてたんですよね。オイラは。


けど、どうも、世の中はそんなに上手いことはイケへんもんで。
化学療法の効き目はなかったようで、
副作用のつらさがどんどん蓄積していって、
とうとう、本人はその治療を受ける病院のことを思うだけで、
吐き気におそわれるようにまでなってしまって。

それでも、このGWには、実の兄弟との旅行にも出かけて、
存分に楽しんできたようでした。

ところが、GW明けから、急激に痛みが増して、
別の治療方法を試すために病院も変えたのですが、
その病院への通院自体が、しんどいことになってしまいました。

毎週一度の通院を、送り迎えするクルマの中でも、
殆どしゃべれない状態。
オイラは運転しながらも、何をどう話しかけてえぇのやら、
何をどうしてあげたらえぇのやら、
カレが何をして欲しがってるのかを、探ってはみても、
皆目分からない状態でした。

家で、痛みに耐えてるカレの姿を見ても同じ。
オイラは、とうとう、カレが何をどうして欲しいのかを、
知ることが出来ませんでした。
こんなんで、長年、一緒に暮らしてた相方って言えませんよね。
次第に、二人で笑うことも無くなってしまい、
会話の量もぐっと減ってしまうと
部屋の中は重い空気が漂うだけになってしまいました。
オイラに出来ることは、ただ、病院への送り迎えと、お風呂の用意だけ。


で、7月になってとうとう入院。
次第に会話も、こちらからの問いかけに「うん」って応えるだけに。
その声も力を失っていって、入院後、一週間で逝ってしまいました。

一緒に生活してたのに、なんで、そのしんどさに気がつけへんかってんやろ。
痛みを訴えた段階で、もっと早く入院を勧めたら良かったのに。
オイラとは違う、別の誰かが傍に居てたら、
もっともっと別のえぇ結果を導き出せたんとちゃうやろか。

とにかく、自分のあまりの鈍感さに、情けない思いでいっぱいでした。

そんな中、カレは入院してすぐの頃に、
付添に来られたお母さんや、お見舞いの来られたお兄さんに、
オイラとの関係を明かしていました。
そのおかげで、カレの最後の夜は、
オイラがお母さんに代わって付き添うことも出来ました。
お母さんと一緒に泣くことも出来ました。
お通夜にも、告別式にも、荼毘の時にも同席させてもらうことが出来ました。

何も出来なかった自分を、受け入れてくれたご家族に感謝です。

でも、彼の苦しさ、辛さ、しんどさを何も共有できなかった
自分が情けないです。

そして、あれほど哀しかったのに、カレが逝ってから一週間やそこらで、
カレの居ないことに慣れつつある、落ち着きつつある自分で、
えぇのか、分かりません。

そんなに簡単に落ち着いたら、アカンのとちゃうやろか?
こんな自分に、気遣ってくれる友だち
(リアルな友だちも、このブログで知り合った友だちも)。
有難いです。
ついつい涙が出てしまいます。

けど、オイラなんかは気遣いの対象になったらアカンのとちゃうやろか?
そう思ってしまいます。

そのくせ、友だちからの電話、友だちからのコメントを心待ちにしてる、
ズルいオイラが居てます。


【2008/07/18 20:08】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


No title
しんのすけ
秘密のコメントさん、
ありがとう。
ホンマに、ありがとう。
あぁ、ボキャブラリーが貧困やから、同じ言葉しか出てけぇへんけど、
心から感謝してます。

(^_^)♪
kila + toro
コメントやメール、電話を心待ちにするのは自然な気持ちの現れ。

周囲に頼るのは当然のことだと思いますよ(^_^.)w

息抜き、気晴らしのお供、いつでもしますよ(^_^)v

コブクロの「永遠にともに」を、昨日からなぜか何度も口ずさんでます。
この曲って、結婚ソングで有名ですが、きっと相方さんも、
今、この曲を口ずさんでいると思いますよ。

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い♪

気持ち的には、若いつもりの僕らですが、体はそうではないらしく、あちこち痛みとかが・・・
ついさっきも、早くもお互い更年期障害かいねぇー、
って言ってる僕らです。


チカラ。
bicky
この記事を書くこと、すごく辛かったよね。

しんしんのココロの辛さを全部支えることはできないけど、
少しでも力になれたらって思う。

ブログという儚いつながりでも、キミのチカラになりたい。

No title
しんのすけ→kila+toroさん
一緒に過ごすって、その時その時、日々は全然意識することがないのに、
一人になったら、やっぱり妙に空間や時間を持て余してしまいます。
そんなに広い部屋とはちゃうのに。笑
オイラは永遠に…ってのは叶わない夢になってもうたけど、
それでも、共に過ごしたことを大切な思い出にしていきます。
ありがとうございます<(_ _)>

No title
しんのすけ→bickyちゃん
なんかね、書くことでこの出来事に向き合うことができるような気がするのね。
そんな自己満足の記事に、コメントして貰って、有り難いです。
コメントを貰えることで、どんなけオイラは助けられてるか…
ありがとう。


マミオ
おバカなしんたんだよっ。
しんたんのお友達は皆優しくて暖かいじゃない。(^-^)
しんたんの人柄のおかげだよ。

どんなに辛くても最後まで一緒にいてあげて偉かったね。
しんたんは薄情なんかじゃないよ。

最後、家族にしんたんのことを話してくれたのが、彼のしんたんへの気持ちだと思ったよ。


こんなところでなんですが、、、
彼の御冥福を心よりお祈り申し上げます。
そしてしんたんがしんたんの新しい生き方を早く見つけられますように。   

って、直では恥ずかしくて言えないのでココで長コメ。笑

No title
しんのすけ→マミオっち
せやよなぁ。
相方がオイラのことをきちんと、ご家族に話してくれたことは、すごく有り難かったなぁ。
おかげで、ご家族と一緒に相方を送ることができたもんね。
何が普通なんか、そもそも、普通なんてのがあるのかどうかも分からへんけど、
普通の生活を過ごしていくことで、今回のことを全て、受け入れて、消化できていくんやろね。
マミオっちもいろいろ大変やのに、気にしてくれてありがとう。

「何も出来なかった」なんてことはないですよ
台吉
最期まで一緒にいて
一番辛い時も一緒にいてくれるだけでも違うと思いますよ

相方さんの御冥福を心よりお祈り申し上げつつ
しんのすけさんが心から笑える日が
早く来ることを願っています

No title
しんのすけ→台吉さん
ありがとうございます。
一緒に居られたこと感謝しないといけませんよね。
オイラが相方の支えになれたかどうかは別として、
相方の最後の時間を共有できたことが、
オイラのこれからの支えになってくれると思います。

お心遣い、ありがとうございます


コメントを閉じる▲
ども。
このブログに付けてる、パーツの英単語に
こんなの↓がありました。

trespass
[名]
1 [U][C]《法》
 (1)(土地・家屋への)不法侵入;(財産・権利への)不法侵害;
   (身体への)暴力行使.
 (2)((1)の損害賠償を求める)訴訟.
2 《聖》(道義・宗教上の)罪, 違反, 不正.
3 (他人の生活・時間などへの)侵害, 邪魔, 立ち入り, 迷惑((on, upon ...))
━━[動](自)
1 《法》(土地・家屋などに)不法侵入する;
    (権利・財産などを)不法に侵害する((on, upon ...))
2 [trepass upon [on] A]
 (1)〈A(他人の生活・時間・領域)を〉侵害[邪魔]する
 (2)〈A(他人の好意)に〉つけ込む


自分の気持ちが不安定なときって、特別になんの意味のない出来事にも
“啓示”とか“お告げ”とかの様に感じ取る事ってありませんか?

今のオイラがそう。

この英単語、別にただ単に、アットランダムに現れたうちの
一つにしか過ぎひんのですが、
その意味を見てるうちに、
 
 これって、もしかしたらオイラの行動を神様が窘めてくれはるんやろか
 “おまえの行動は他人の好意につけ込んでるだけやで”
 って


などと、ふと、思ってしまったりしてます。

【2008/07/16 19:03】 | 相方とのこと
トラックバック(0) |

ん?
広樹
どーした?しんのすけさん。
疲れてるみたいだね。
仕事?人間関係?
実は俺、自分がコントロール出来なくなって専門の医院に通っていた事がありました。
今はだいぶ良くなったけど。まだかな?(笑)
何も出来ないかも知れないけど、何かあったら言ってね。
頑張らないで!そのままのしんのすけさんでいいんだよぉ。

大事。
bicky
しんしん、俺がついてるで~。>頼りなさ過ぎ。

人に思いっきり甘えることが、許されるときがある☆
きっと今はそんなとき。

ありがとうございます
しんのすけ→広樹さん
広樹さん、ご心配をおかけしました。
オイラの思わせぶりな日記に、親身になっての、本当に有り難いお言葉を頂き、
なんてお礼を言って良いのか分かりません。
書くということで、自分の気持ちを少しずつ整理できたら…と思っています。

ありがとう
しんのすけ→bickyちゃん
うん、bickyちゃん、頼りにしてるね。
甘えてまうかもしれへんけど、見捨てやんといてな 笑

ふむふむ
kila
泣きたかったら泣いたら良い。
喚きたかったら喚いたら良い。

家族の前で、恋人の前で。
友達の前で。

そんな感じの曲、ドリカムが歌ってましたヨ。

ふむふむ、そうだよね。
って思っていたところでした♪


マミオ@腰痛で寝たきり
本当にしんたんのことを思って手を差し伸べてくれている人は、その手を多少汚されたって怒ったりしないよ。

しんたんも今、他の誰かに見返りを求めない手を差し出しているはず。

それでいいんじゃない?(^-^) って人には言えるのに(^o^;


愚痴ならいつでも♪

そうですね
しんのすけ→kilaさん
確かに、思いっきり泣いたら、泣いた分だけ心が軽くなった気がします。
えぇ歳のオッサンですが、やっぱり泣きたいときには、泣く。
素直に気持ちに従おうと思っています。

大丈夫?
しんのすけ→マミオっち
腰痛、大丈夫?絶対に無理をしたらアカンよ。
温かい言葉をありがとうね。
オイラ、あまりにみんなの好意につけ込んでると、痛感しつつも、
でもその好意が嬉しくて、有り難くて…

ホンマに、ありがとう。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。