FC2ブログ
男が好きな、旨い料理が好き、旅行が好き、 ヒコーキが好き。 そんな小市民的GAYが日々の出来事を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空の下でえっちぃを致してしまったオイラ。
前回からの続きです




用意を整えたカレがオイラを

押し倒すように覆い被さってくる。
オイラが仰向けになると、
カレは自分から腰を落として
オイラのモノを迎え入れる。

スムーズにカレの奥深くへ進むオイラのモノ。
でも、決して緩い訳じゃない。

カレがオイラを締め付ける。
カレは自分で腰を上下する。
すっかりカレのペースで事が進んでいく。
締め付け感が心地よい。

オイラはカレのモノを扱く。
カレの締め付けるペースに合わせて、
キツく緩く・・・

カレが再びkissを求める。
上体をオイラに向けて倒してくる。
同時にオイラも上体を起こす。
それでもカレはオイラのモノを抜こうとはしない。
舌と舌が絡み合うkiss。
快感が走り、オイラは我慢できずに身体を倒す。

カレの喘ぎも大きくなる。


「抜かないで」

カレが懇願する。更にキツくオイラのモノを締め付ける。
オイラもカレのモノを扱くピッチを早める。


「イクっ」

カレのモノからスプラッシュ!
オイラの腹にカレの白い徴が広がる。

その瞬間カレの締め付けも最大限に。
オイラもコンドームの中にスプラッシュ。

『あ~ぁ、やってもうた・・・
青空の下で・・・』

それにしても、やんちゃ顔のカレ、


自分のペースでオイラを完全にコントロール。


これこそ、ウケが主導権を握ったエロ活動。


こんなカレこそが究極のタチのような気がするなぁ。

でも、今度スポーツクラブで逢うたら、
オイラは一体どんな顔をしたらええんやろう

【2006/05/09 23:09】 | えっちぃな出来事
トラックバック(0) |
昨日の大阪はまるで梅雨の合間の晴れみたいに、
厳しい日差しに湿って思い空気。
気温も30℃近くありました。

連休明けの鈍った体にはちょいとツライ月曜でした。

こんな日は旨いモン食べて、
元気になりましょっV(^-^)Vと、
女友達3人と中華料理屋さんへ。

“おまかせ”で出してもらった料理、
どれもこれも旨いけど、

やっぱり、メインのスッポン!!

一皿は軽く揚げた肉に甘酢を絡めたもの。
(言うてみたら、酢豚のスッポン版ですね)
スッポンの身の柔らかくジューシーな
食感が何とも言えません。

二皿目はスープ。これが絶品!!o(^ヮ^)o
とにかく、お喋りのとまらへんオイラ達が
食べてる途中はもちろん、スープを飲み干して、
カメの首・カメの頭をしゃぶり尽くしても、
しばらく何も喋れず互いに頷き合うだけの旨さでした。

締めのホタルイカの和え麺も最高でした。

おかげで今朝は
お肌ぷるんぷるん
クララも元気に勃ち上がってましたヮ(^_^;)

お店の名前は
【一碗水】
場所は
堺筋本町です。

カウンター10席ほどの小さなお店で、
お若い大将が一人で何もかもを切り回しているので、
是非、予約を。

【2006/05/09 17:03】 | 美味礼賛
トラックバック(0) |
某発展場の屋上で、青空コンサートじゃなくって
青空えっちぃに突入したオイラです。

-------------------------------------------

オイラは胡座をかいてカレのしたいように身を任す。
カレがオイラの股ぐらに顔を埋めている。
カレの舌がオイラのモノをしゃぶりつくしている。

向こうのペアの若い方の男と目が合う。
オイラとカレの様子にヤツらもヒートアップ。


年かさのヤツの手の動きが激しくなる。
と、思うと焦らすように亀頭の廻りをなで回す。
若いヤツの顔が快感に歪んでいる。


自分の手で年かさのヤツの手の動きを止めようとする。
大きく身をよじる若いヤツ。
フィニッシュが近いよう。
それに気づいた年かさのヤツが手の動きを早める。

一瞬、手の動きが止まる。


白い徴が高く吹き上がるのがハッキリと見えた。


他人のスプラッシュをこんなにハッキリと見るなんて

それも青空の下で・・・

オイラはますます興奮の度を高める。

胡座になったオイラの股ぐらに顔を埋めるカレを
オイラと向き合うように座らせる。
顔と顔が向き合う。

カレの顔にはさっきまでの笑顔がない。
目がとろんとして、焦点が定まっていないみたい。

そんなカレがkissを求めてくる。
オイラもそれに応える。

カレの手が何かを探している。
やがて、カレがコンドームを取り出した。
手際よくオイラのモノに装着する。
続いてジェルを自分のバックに注入する。


『えっ?まさか・・・』


<もうちょっと続いちゃいます>

【2006/05/08 23:02】 | えっちぃな出来事
トラックバック(0) |
ムラムラ・ムズムズに襲われて、
とある、有料発展場の屋上にやってきたオイラ。

そこで、同じスポーツクラブに通っている
カレとバッタリ。
とっても爽やかな青空の下で
思わぬ展開に・・・・

あまりに積極的なカレに
オイラは思わず廻りの様子を再確認。


すると、オイラたちと反対側で、
堂々と致し始める二人組。

『ぎょぎょっ、青空の下(しつこい)で
そんなことをやってエエの?』
『あっ、そんなに・・・・
元気に直立しているモノが丸見えやで。』

その元気なモノを年かさな感じのもう一人が
一生懸命に扱いてる

扱かれてる若い方の人、切なそうに眉をひそめてる。
でもとっても気持ちよさそう。

オイラが思わずそのペアの致してる
様子を観察している間も、
カレはオイラへの刺激を止めない。
オイラのTOOTがすっかり盛り上がってしまい、
ますます窮屈になってしまう。

そのうちにオイラたちとペアの間に居た人たちが
気を利かしたのか、
それとも毒気に当てられたのか次々に下へ降りていく。


屋上にはオイラたち二組だけ。
ちょっと、オイラの抵抗感も軽くなってくる。

そうなると、オイラのモノの充実度も更にUP
初めから全裸のカレのモノは
もう既にガマン汁が溢れ出ている。

カレは器用にオイラのTOOTを脱がしにかかる。
思わず腰を浮かし、
彼の手の動きを助けてしまうオイラ。

『オイオイ、しんのすけ、おまえ、まさかホンマに
 ここで致すつもりかいな』

オイラの中の理性がstopをかける。

あぁ、でも、オイラの理性はとっても弱いの。


もう一組の、若い方の喘ぎ声が大きくなる。
オイラの目はまたまた、奧に陣取るそのペアに釘付け。

だって、オイラの横の顔見知りのカレと
目を合わすのがこっ恥ずかしいもん。

オイラのTOOTは彼の手ですっかり脱がされてしまった。
青空の下でオイラのモノがビクンと顔を出す。

いや、出したはずなのに、すぐにカレが咥えてしまう。

『あぁ、気持ちええ。』

・・・・


<続けちゃいます>

【2006/05/07 22:53】 | えっちぃな出来事
トラックバック(0) |
前回からの続きです。

発情に負けて有料発展場に行ったオイラです。

 おっ、屋上が開放されてるの?
 行ってみましょう


お~ぉ、葦簀に囲われて廻りの建物からは
死角になってるとは言っても、
爽やかな青空の下、

全裸の男、男、男・・・

そんな中の一人がオイラの気配に気がついたのか、
うつぶせの体勢から顔を上げると・・・
暫くオイラの顔、身体を見回した後で
と~っても爽やかな笑顔でニコッ。

えっ?なんか場違いな爽やか笑顔。
しかも何やら、どこかで見たような気もする
ガチムチの身体、ツンツン髪の毛、やんちゃそうな顔。

 『えぇ~っ!君はもしかして、
 同じスポーツクラブに通ってる・・・』


あっ、あのイケメンK君とは違いますよ。念のため。
K君の次の次の次ぐらいに気になっていたのは確かですが (*^_^*)

 思わない場所で、思わない格好で会いましたね

と小声で話しかけるカレ。
そして更にニコッ

 『えっ、スポーツクラブでも話したこと無いのにこんな状況で話しかけてくるんや』

 もしかして、○○○○に行ってます?

思わず確認してもうたオイラです。

 し~っ (^_-)

指を口に当てながらニコッ
あくまでもニコッを崩さないカレ。

カレがスペースを空けてくれたので、
何となく自然な流れでカレの横にオイラも身を横たえ、
爽やかな青空を堪能するオイラ。

暫く青空、風を楽しんでいると、
オイラの右肘をツンツンしてくるカレ。
うつぶせから仰向けになっていたカレ。
カレの左手がオイラの右手に絡んでくる。

 『ほほ~、オイラのお相手をしてくれるのね』

でも、いくら何でもこの青空の下、
廻りの男達の目もあるのに・・・

 下の部屋へ行こうよ

と誘い返すけれど、
カレはニッコリ笑いながらもやんわり拒否。

 『えぇ~ぇっ!?まさか、ここで、ここで致すの?』

<続けても良いっすか?>

【2006/05/06 00:20】 | えっちぃな出来事
トラックバック(0) |
大型連休も後半戦。
Uターンラッシュも今日の午後から始まるんだって。

オイラは今年は結局何処にも行かず、
ご近所の散歩や、高校時代のツレとの飲み会、
大学時代のツレとの飲み会、
前の職場の先輩との飲み会

ありゃ~、飲み会だらけだった・・

さて先日、新緑の御堂筋散歩の途中で
ムラムラと発情してしまったオイラ。
その後の顛末を・・・・

あのね、初めに言っておくと、
ちょっと信じられない、行動に出てしまったんですよ。
やっぱり、発情期を迎えると
何をしでかすか分かりませよね。

爽やかな青空の下、
旨いランチとワインでええ気分が倍増。
肥後橋のレストランから御堂筋を経由して
心斎橋までのたりのたりと散歩。

心斎橋はエラい人出。

 う~ん、同じ人混みやったら
 男だらけのところがええなぁ。


下半身のムズムズは治まりません。

 やっぱり、発展場やね。

下半身は期待に膨らんでしまいます。

と、言うわけで行ってまいりました。
大阪のとある有名、有料発展場。

入り口で入場料を支払う時に告知を見ると、

 ほほ~、今日はアンダーウェアdayね。
 良かった、TOOTを穿いてきて


ロッカールームで服を脱ぐ間にも
聞こえてくる喘ぎ声。

 みんな頑張ってるのね
 ・・・
 うん?


さっきからロッカールームに出入りする人、
みんなが全裸。真っ裸。

 えっ?アンダーウェアdayとちゃうの?

さすがは大阪でも有名店。
皆さんのやる気がちゃいます。
でもオイラはとっても真面目なよゐこ。
ちゃんと、告知文に書いてあることを守ります。

シャワーで身体をきれいにした後は
しっかりとTOOTを穿いたままで館内一周。

やっぱり、オイラ以外の全員が全裸!
この状況ではTOOTを穿いたオイラが
却って目立ってしまいます。

でも、まだ全裸になるには少々抵抗のある
オイラでした。

 す・す・スゴいっす

真っ暗な部屋のあちこちで身体と身体が重なってます。
外の爽やかな青空とうって変わって、この空気。
なんか湿って、何とも言えないエロさが充満してます。

<続きます>

【2006/05/05 00:08】 | えっちぃな出来事
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。