FC2ブログ
男が好きな、旨い料理が好き、旅行が好き、 ヒコーキが好き。 そんな小市民的GAYが日々の出来事を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ども。
秋の大型連休、シルバーウィークが始まりましたねぇ。
1000円高速はやっぱり渋滞してはるんでしょうか?
なにやら東名高速を走行中の大阪発TDR行きのバスに火災が発生したとか。
やっぱり、旅行には何かとトラブルが起こってしまうんですねぇ。

・・・と、あまりにあざとい導入部分ですが。笑
オイラの大作、トラブル、トラベル第二部を完結させてしまいます。

今ままでのお話しは、こちらをご覧下さい。

何かとごたごたして、結局はシンガポールに足止めされたオイラ達の目の前に
引っ張り出された、オイラお気に入りの新品スーツケース。
哀れに、四輪のキャスターの一つが完全に壊されていました。

 あのぉ、このスーツケース、壊されてるよ。
 ほら、ここのキャスターが。


 あら、本当ね。
 じゃぁ、手続きをするからこっちに来てちょうだい。


あくまでも、冷静にでも、テキパキと事務手続きを進めるおばちゃんスタッフでした。

 う~ん、そうねぇ。
 このスーツケースのお値段は?


 えっと、日本円で○○円ぐらいやったと思います。

 あら、じゃぁ、これは修理しないといけないわねぇ。
 シンガポールで修理する?


 あのね、オイラ達は明日の朝一番のヒコーキでバリ島に向かうんですよ。
 先ほどアナタに伝えたとおり。

 そうよねぇ。
 じゃぁ、バリ島で?


インドネシアの皆さん、ごめんなさい。
オイラ、正直言うてバリ島での修理には若干の不安を感じてまいました。

 いや、修理して貰えるのなら、日本に帰ってからでも良いですよ。

 OK
 その様に書類を作成するから、アナタのこれからの行程と
 利用予定のフライト情報を教えてちょうだい。
 それから、住所と連絡先もお願いね。


おばちゃん、ホンマに仕事はテキパキです。

 ハイ。
 これが必要な書類ね。
 後はKANSAI Airportのスタッフが案内するからね。
 じゃぁ、この後の旅行を楽しんでね。
 バイバイ


と、必要書類をオイラに渡して、送り出してくれたのでした。

この後のことですが、確かに関空に到着するとSQから委託されている、
おJAL様のスタッフが日本での修理の手続きの残りを取ってくれました。

(実は、ヒコーキまでスタッフが迎えに来ることになっていたのですが、
“しんのすけ様”とデカデカとオイラの名前を書いたプレートが立て札にされたのは、
オイラ達がヒコーキを降りたった後の様で、お出迎えはありませんでした。
おかげでこの立て札、たまたま同じフライトになった、オイラにとってはイヤぁな同僚には
しっかりと見られ、その後職場であらぬ噂を立てられたのでした)

さて、修理までの段取りですが、以下の様なものでした。

 通常通りにバゲージクレームで荷物を受け取る
 ↓
 地上スタッフが書類に記載の破損箇所と、実物とを照合
 ↓
 必要書類に署名
 ↓
 修理工場までの宅配伝票と一緒に、お持ち帰り
 ↓
 自分の都合の良い日に指定修理工場へ発送
 もちろん、配送手数料はSQ負担
 ↓
 無料で修理の上、自宅まで配送


ふぅ、漸く完結することが出来ました。
良かった。良かった。

因みに、このスースケース。
この後も同じようなキャスターの破損が続けざまに起こってしまいました。
これは、RIMOWAの製造ミスかしら・・・?
 
 


【2009/09/20 13:57】 | ヒコーキ
トラックバック(0) |

やれやれですね~
takkun
英語がある程度しゃべれないと大変そうですね~。
日本語さえ危うい?自分。
身振り手振りでがんばるしかないのかな?

No title
しんのすけ→takkunさん
そうそう。当にそれです。
身振り手振り。
それに、不思議なことに緊急事態になったら、
何とか英語も出てくるんですよねぇ。
言うたら、“火事場の○○力”ってヤツですね。笑


Yet Rimowa?!
Ken
しんのすけさん、Rimowa なのにそんな風になってしまったんですか?! 俺的にはそのエアラインズは一体どのようにハンドルしていたのか… ということを思ってしまうのですが。でも、しんのすけさんがご無事で何よりです。身の安全が何よりも大切ですよ~!

ワタシも
Gustav
 初めて書き込みいたします。
 ワタシはエール・フランスにRIMOWAの持ち手を壊されました。しかも、気づいたのがかなり遅かったので、自腹での修理になりました。
 当時はスウェーデンに住んでいて、言葉の問題があったので、修理せずに放置しておりました。でも、帰国直前、修理が待ったナシになったときは、やはり、“火事場の○○力”でなんとかなりましたね。

No title
pooh@BKK
しんのすけさん、ご無沙汰してます。
結構、みなさん破損被害にあわれてるようですね。
航空会社の中には、突起物(キャスターとか持ち手とか)の破損は
補償対象外っていうところもあるみたいですね。
海外で言葉が通じなくても、ジェスチャーでなんとかなるっていうのは、
身をもって体験しております。在タイ8年ですが、未だにつたないタイ語と
ジェスチャーで乗り切ってますから。
でもイザとなったらタイ語だろうが英語だろうが、すらすら出てくるんですよねぇ。不思議です。

No title
しんのすけ→Kenさん
う~ん、確かにSQもしくはBKKの空港職員のハンドリングってどんなに雑なんやろう!!
って思いました。オイラも。
でも、愛用の初代RIMOWAとこの、二代目RIMOWAを比べたら、
本体構造は二代目の方がより強度を増したようなのですが、
キャスター部分は初代の方に軍配が上がるようです。
つまりは、ある種の構造的な問題なのかもしれません、
もしくは不運にもオイラの購入品が“ハズレ”だったのかも・・・泣

そもそものトラブルの始まりがエンジントラブルだっただけに
RIMOWAのキャスター破損で済んで何よりですよね。本当に。

No title
しんのすけ→Gustavさん
Gustavさん、ようこそお越しいただきました。ありがとうございます。<(_ _)>

あらら、あのRIMOWAの持ち手が破損ですか?
それはオイラのキャスター破損以上の圧がかかったんでしょうか?
国外の空港でのハンドリング作業を見ていたら、
日本での作業がどれほど丁寧で特異なものかを実感させられますよねぇ。

“火事場の○○力” オイラの得意技です。(^.^)(^^ゞ


No title
しんのすけ→poohさん
おっ、これは心強いお言葉をありがとうございます<(_ _)>(^.^)
これからも自信を持って、手振り身振りに磨きをかけていきたいと思います。笑
(タイ風では555?でしたっけ。笑 っていうのは)

poohさんのバカンス、もう出発されたのでしょうか?
どうぞ、素敵な骨休みになりますように。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
やれやれですね~
英語がある程度しゃべれないと大変そうですね~。
日本語さえ危うい?自分。
身振り手振りでがんばるしかないのかな?
2009/09/20(Sun) 17:44 | URL  | takkun #ML2S6IQM[ 編集]
No title
そうそう。当にそれです。
身振り手振り。
それに、不思議なことに緊急事態になったら、
何とか英語も出てくるんですよねぇ。
言うたら、“火事場の○○力”ってヤツですね。笑
2009/09/20(Sun) 18:06 | URL  | しんのすけ→takkunさん #-[ 編集]
Yet Rimowa?!
しんのすけさん、Rimowa なのにそんな風になってしまったんですか?! 俺的にはそのエアラインズは一体どのようにハンドルしていたのか… ということを思ってしまうのですが。でも、しんのすけさんがご無事で何よりです。身の安全が何よりも大切ですよ~!
2009/09/23(Wed) 20:47 | URL  | Ken #-[ 編集]
ワタシも
 初めて書き込みいたします。
 ワタシはエール・フランスにRIMOWAの持ち手を壊されました。しかも、気づいたのがかなり遅かったので、自腹での修理になりました。
 当時はスウェーデンに住んでいて、言葉の問題があったので、修理せずに放置しておりました。でも、帰国直前、修理が待ったナシになったときは、やはり、“火事場の○○力”でなんとかなりましたね。
2009/09/24(Thu) 23:30 | URL  | Gustav #3VMsGyWQ[ 編集]
No title
しんのすけさん、ご無沙汰してます。
結構、みなさん破損被害にあわれてるようですね。
航空会社の中には、突起物(キャスターとか持ち手とか)の破損は
補償対象外っていうところもあるみたいですね。
海外で言葉が通じなくても、ジェスチャーでなんとかなるっていうのは、
身をもって体験しております。在タイ8年ですが、未だにつたないタイ語と
ジェスチャーで乗り切ってますから。
でもイザとなったらタイ語だろうが英語だろうが、すらすら出てくるんですよねぇ。不思議です。
2009/09/26(Sat) 19:35 | URL  | pooh@BKK #-[ 編集]
No title
う~ん、確かにSQもしくはBKKの空港職員のハンドリングってどんなに雑なんやろう!!
って思いました。オイラも。
でも、愛用の初代RIMOWAとこの、二代目RIMOWAを比べたら、
本体構造は二代目の方がより強度を増したようなのですが、
キャスター部分は初代の方に軍配が上がるようです。
つまりは、ある種の構造的な問題なのかもしれません、
もしくは不運にもオイラの購入品が“ハズレ”だったのかも・・・泣

そもそものトラブルの始まりがエンジントラブルだっただけに
RIMOWAのキャスター破損で済んで何よりですよね。本当に。
2009/09/29(Tue) 23:03 | URL  | しんのすけ→Kenさん #-[ 編集]
No title
Gustavさん、ようこそお越しいただきました。ありがとうございます。<(_ _)>

あらら、あのRIMOWAの持ち手が破損ですか?
それはオイラのキャスター破損以上の圧がかかったんでしょうか?
国外の空港でのハンドリング作業を見ていたら、
日本での作業がどれほど丁寧で特異なものかを実感させられますよねぇ。

“火事場の○○力” オイラの得意技です。(^.^)(^^ゞ
2009/09/29(Tue) 23:12 | URL  | しんのすけ→Gustavさん #-[ 編集]
No title
おっ、これは心強いお言葉をありがとうございます<(_ _)>(^.^)
これからも自信を持って、手振り身振りに磨きをかけていきたいと思います。笑
(タイ風では555?でしたっけ。笑 っていうのは)

poohさんのバカンス、もう出発されたのでしょうか?
どうぞ、素敵な骨休みになりますように。
2009/09/29(Tue) 23:17 | URL  | しんのすけ→poohさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。